トップページへ戻る
2017年10月11日(水)
★建築など7工事を年内一般公告
県営南風原団地建て替え2期工事−県土木建築部
 県土木建築部は、老朽化のため年次的に建て替えている県営南風原団地の2期工事を建築4工区、電気、機械、昇降機の7工事に分けて早ければ12月にも一般競争入札を公告する。入札方法は、建築4工事が特A等級を代表者にした2社程度のJV構成、電気と機械がA等級らで構成するJVで、6工事とも特別簡易型総合評価方式、昇降機が機械器具の単体発注を予定しているが、所管の施設建築課では、内部調整を行い発注仕様等を決定する。工事は、2月頃の開札を経て施工業者を決定し、順次着手する予定。また、関連の2期造成工事は9月26日に開札、(有)沖南建設が受注した。
 同団地整備は、施設老朽化や新耐震基準に対応するために、10棟で構成されていた旧住棟(戸数230戸)を中層および高層住宅4棟に集約し、住環境の改善や防災性の向上を図るもの。今年度発注する2期工事では、昨年完成した1期分(3・4号棟)に引き続き2号棟を整備。規模は、RC造10階建て・延床面積約5,389屐8与瑤86戸。間取りは2DK・2LDK・3LDKの3タイプ。エレベーター2基などを設置する予定。
 県では、2期工事完了後、3期工事に順次着手する計画で、3期では、RC造10階建て・延床面積6,150・戸数90戸の1号棟を建設する。基本設計は(株)エー・アール・ジー・(有)アゴラエンジニアリング・大村設備設計室JV、2期実施設計は、(株)都市建築設計・(株)根路銘設計・(株)設備研究所JVが担当。3月に開札した2期解体工事は(有)儀武組が受注した。
 
■その他のトピックス
●エン設計が基本設計を落札
 普天間庁舎建替 - 県建設技術センター
●可能性調査をプロポ公告
 石川インター周辺整備 - うるま市
●一般競争・総合評価を公示
  - 総合事務局北部国道事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 海上自衛隊那覇航空基地隊
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県北部農林水産振興センター農業水産整備課
関連記事あり
●一般競争 3件を公示
  - 県総務部
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価を公示
  - 県中部土木事務所
関連記事あり
●オープンカウンタを公示
  - 総合事務局那覇港湾・空港整備事務所
関連記事あり
●企画提案を公示
  - うるま市商工観光課
関連記事あり