トップページへ戻る
2017年10月12日(木)
★4.7万屬韮暇人収容規模想定
奥武山Jスタジアム基本計画を策定−県文化観光スポーツ部
 県文化観光スポーツ部は、那覇市奥武山公園内に計画しているJリーグ規格スタジアムの基本計画を策定し、施設概要等を公表した。競技スポーツの振興やサッカーを活用した観光および地域振興などを目的にJ1規格スタジアムとして整備計画されているもの。今後同部では、調整を経て基本設計に順次着手。その後、実施設計を行って早期着工および供用を目指す考え。
 計画によると、同公園内の現陸上競技場とサブグラウンド部分に、RC造一部S造6階建て・建築面積2万100・延床面積4万7,500・収容人数2万人(全背付個席)規模を想定。施設内には、ラグビーの試合や各種イベントも可能な120m×80m以上のフィールド、メインスタンド6,100人、バックスタンド7,700人、北サイドスタンド3,900人、南サイドスタンド2,300人をはじめ、1階にチーム更衣室、審判室、医務室などの関連諸室、駐車または複合施設のスペース、2階に観客用のメインコンコース、3階にVIP・ビジネスラウンジ、4階にスカイボックス、5階に記者席、6階に放送席、大型映像装置操作室、記録室、警察・消防控室などを配置。付帯施設として、南側にフットサルコート2面、北側に約330台収容の立体駐車場を整備する。
 また、スタジアム本体と合わせ、アミューズメントなどの遊戯施設、ジム・フィットネスなどの運動施設、キッズランドなどの教養施設、レストランやホテルなどの便益施設も複合機能として検討されているほか、スタジアム北側の国場川沿いエリアににぎわい広場を設置して都市型交流拠点の形成を図る計画。基本計画策定業務は(株)国建・(株)野村総合研究所JVが担当。概算事業費は約180億円が見込まれている。
 
■その他のトピックス
●来年下半期にも本体着工へ
 バイオマス発電所建設 - -イーレックス
●國場・大米JVで着工 31年3月開業へ
 下地島空港旅客ターミナル - 三菱地所
●消防本部庁舎の建て替えを検討
 年内に基本構想案を策定 - 東部消防組合
●一般競争・施工体制確認型(WTO対象)を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり
●一般競争・総合評価 2件を公示
  - 沖縄森林管理署
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争 6件を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争(事後) 2件を公示
  - 那覇市建築工事課
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市公園管理課
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市教育委員会
関連記事あり
●公募型を公示
  - 名護市建築住宅課
関連記事あり
●公募型を公示
  - 名護市建設土木課
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 環境省那覇自然環境事務所
関連記事あり
●企画提案を公示
  - 県企画部
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市花とみどり課
関連記事あり
●オープンカウンタを公示
  - 総合事務局南部国道事務所
関連記事あり
●オープンカウンタを公示
  - 総合事務局北部ダム統合管理事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 国立療養所沖縄愛楽園
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県商工労働部
関連記事あり