トップページへ戻る
2018年7月13日(金)
★建築・設備の3工事を来月入札へ
公設市場「くらし体感施設」整備−糸満市商工観光課
 糸満市商工観光課は、市公設市場糸満のくらし体感施設新築工事に係る建築、電気、機械設備の3工事を8月にも入札する。入札方法は、建築が3社構成JV、電気と機械設備はそれぞれ2社構成JVの指名競争を予定している。工期は31年2月末(予定)。
 施設規模は、敷地面積1,623屬烹啾ぃ桶建て・延床面積約1,389屐新鮮な魚介類や野菜、果物などの食材を提供する施設をはじめ、陶芸や紅型、染物、地域色豊かな料理体験ができる伝統文化体験機能を配置。また、屋外には50台収容可能な駐車スペースを確保し、建物を挟んで中央部に観光客と地元住民が交流できるイベント広場を設ける。
 字糸満地内にある現公設市場は、昭和40年にA・B棟の2棟、昭和49年にC棟を整備、3棟とも建設から40年以上が経過していることから、沖縄振興特別交付金(一括交付金)を活用して、全面的に建て替える。市では、新たな市場を整備することで、地域の活性化と観光振興を図る考え。総事業費は約4.5億円。実施設計は(株)総合計画設計が担当。