トップページへ戻る
2019年1月8日(火)
★西松・屋部JVが55億円余で落札
赤嶺トンネル南側工事−沖総局開発建設部
 沖縄総合事務局開発建設部は7日、12月26日に開札した平成30年度赤嶺トンネル(南側)工事(一般競争・総合評価方式/WTO対象)の入札結果を公表、落札者は西松建設(株)・(株)屋部土建JVで、価格は55億5,727万円。入札には同JVを含め12JVが参加した。
 工事は、赤嶺トンネル(上り側L=972m・下り側L=852m:NATM工法)のうち、南側(那覇市安次嶺〜赤嶺地内:上り側L=487m・下り側L=490m)の工事を行うものでICT活用工事となる。主な内容は、道路土工(残土処理や工事用道路のための掘削など)、トンネル工(機械掘削工法約1,000m)、インバート工約1,000m、坑内付帯工、坑門工など。工期は平成33年3月5日まで。
 赤嶺トンネルは、那覇空港自動車道の一部を構成する小禄道路の起点側、自衛隊基地を通過するルート(那覇市鏡水〜安次嶺)に建設するもの。小禄道路は延長L=5.7(那覇市鏡水〜豊見城市名嘉地間)で、主要構造物は、今回の赤嶺トンネルのほか、航空自衛隊出入り口付近〜豊見城市名嘉地区間に橋梁設置(総延長約1,945m)を計画している。全体事業費は約620億円、うち30年度当初予算に93.2億円が計上されている。
 開発建設部では、同トンネル北側工事(WTO対象・一般競争)の入札手続きも進めており、1月22日に開札予定。
 
■その他のトピックス
●平和祈念資料館を改修へ
 実施設計22日に開札 - 県土建部
●西原町幸地に分譲マンション
 32年3月頃完成へ - 大樹建設
●建築追加工事をWTOで公告
 シュワブ厚生施設0510 - 沖縄防衛局
●コンサル下請業者も対象に表彰
 30年度完成工事から実施 - 沖総局
●一般競争・施工体制確認型 など 2件を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市・南風原町環境施設組合
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価 2件を公示
  - 総合事務局南部国道事務所
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価 3件を公示
  - 総合事務局北部ダム統合管理事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県企画部
関連記事あり
●一般競争 2件を公示
  - 那覇地方検察庁
関連記事あり