トップページへ戻る
2019年2月6日(水)
★19年度一般会計は0.5%減の1468億円
大名や石嶺市営住宅など整備推進−那覇市
 那覇市は5日、2019年度一般会計当初予算案を公表した。予算総額は1,468億1,400万円、対前年度比7億5,700万円・0.5%の減で、4年振りに減額に転じた。これは、那覇空港南側船揚場整備事業で農林水産業費が2億9,081万6千円・122.1%の増額となったが、高良小学校など校舎建設事業が一段落し教育費が32億2,174万5千円・18.9%の減、地域住居機能再生推進事業などで土木費が19億4,536万2千円・12.1%の減になったことが主な要因。また、投資的経費は、9億4,128万6千円・4.5%減の200億8,049万4千円で、補助事業費が192億2,601万円・3.5%減、単独事業費が8億5,448万円・22.9%減と補助・単独ともに減額となった。
 主な建設関連事業として、現在、仮設市場の整備を進めている第一牧志公設市場は、再整備事業費として3億2,374万1千円を計上、引っ越し後、現市場の解体工事などを行う。旧那覇飛行場用地問題の地主会が要望している(仮称)大嶺コミュニティーセンターは、関連費(旧那覇飛行場用地問題解決事業)13億9,101万8千円を計上しており、基本・実施設計業務などに着手する。また、新消防出張所と合築して建て替える小禄支所庁舎は、小禄南出張所整備事業費3,878万円、小禄支所建設事業費4,911万1千円が盛り込まれ、実施設計などを行う予定。
 このほか、市営住宅関連では、地域居住機能再生推進事業費として21億4,157万6千円を計上、大名や石嶺、宇栄原市営住宅の整備を推進する。学校関連では、小・中学校校舎建設事業費30億4,784万7千円(継続29億6,382万1千円、新規8,402万6千円)、屋内運動場建設事業費13億1,487万6千円(継続11億3,792万1千円、新規1億7,686万5千円)が計上された。
 一方、特別会計では、土地区画整理事業が1,766万1千円・22.0%減、市街地再開発事業が14億9,999万2千円・6.8%増。企業会計は、水道事業が76億9,148万3千円・5.0%減、下水道事業が60億876万5千円・4.7%の減額となった。主要事業一覧は後日掲載。
 
■その他のトピックス
●上部工事を公告4月25日開札
 平良港国際クルーズ岸壁 - 沖総局
●下部工を3月上旬にも入札
 小波津川3号車道橋整備 - 西原町
●第一体育館本体は指名競争予定
 5月以降に着工 - 昭和薬科大附属校
●一般競争・総合評価を公示
  - 総合事務局開発建設部
関連記事あり
●オープンカウンタを公示
  - 総合事務局北部国道事務所
関連記事あり
●オープンカウンタ 2件を公示
  - 総合事務局国営沖縄記念公園事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 陸上自衛隊那覇駐屯地
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 陸上自衛隊与那国駐屯地
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争 2件を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争(事後) 4件を公示
  - 那覇市上下水道局
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市道路建設課
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市花とみどり課
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市教育委員会
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 総合事務局総務部
関連記事あり
●オープンカウンタを公示
  - 総合事務局北部国道事務所
関連記事あり
●オープンカウンタ 2件を公示
  - 総合事務局那覇港湾・空港整備事務所
関連記事あり
●オープンカウンタ 2件を公示
  - 総合事務局北部ダム統合管理事務所
関連記事あり
●一般競争 2件を公示
  - 那覇地方検察庁
関連記事あり