トップページへ戻る
2019年4月11日(木)
★3工種分離で8月にも発注
豊見城中特別教室棟工事−豊見城市教育委員会
 豊見城市教育委員会は、豊見城中学校の特別教室棟工事を早ければ8月にも発注する予定で準備を進めている。工事は、建築、電気、機械設備の3工種に分離する予定だが、JV構成や工区分けなどについては今後、調整を行い決定する。また、本体工事に先立ち既存校舎の解体工事を7月頃にも発注する予定。
 新設する特別教室棟はRC造4階建て・延床面積4,783峙模、特別教室のほか、校長室、職員室などの管理部門と最上階に水泳プールを整備する。
 豊見城中学校(宜保一丁目1番地2)は、1976年に竣工。経年による老朽化に対応するため段階的に改築事業を進めている。2017年度には普通教室棟と屋内運動場整備に着手。19年度は特別教室棟のほか、外構工事を発注し、20年度末の事業完了を目指す。
 実施設計は(株)国吉設計・大城設計JVが担当。19年度当初予算に関連事業費として13億7,348万7千円を計上している。
 
■その他のトピックス
●建築・設備に分けて7月にも発注へ
 宮城島防災センター本体工事 - うるま市
●大城高架橋上部工を一般公告
 南部東道路整備 - 県土建部
●一般競争 3件を公示
  - 沖縄科学技術大学院大学学園
関連記事あり
●一般競争(事後)・総合評価(拡充版) など 2件を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●公募型プロポを公示
  - 国立療養所沖縄愛楽園
関連記事あり
●一般競争(事前)・価格競争を公示
  - 県北部土木事務所
関連記事あり
●公募型プロポを公示
  - 浦添市情報政策課
関連記事あり