トップページへ戻る
2019年9月5日(木)
★国吉・設備研究所JVが1790万円で落札
荷捌き施設実施設計 来年度着工へ−県土木建築部
 県土木建築部は、8月に開札した高度衛生管理型荷捌施設新築工事実施設計業務の結果を公表、(株)国吉設計・(株)設備研究所JVが1,790万円で落札した。入札には2社構成7JVが参加。このうち2JVが予定価格超過、2JVが失格、1JVが無効になった。設計期間は2020年2月28日まで。工事は、今回発注する設計業務や都市計画変更、漁港の土地利用計画変更などの手続きを経て、20年度から順次着手。建設工期は24カ月(約2年間)を見込んでおり、21年度末の完成、22年度の開設予定。
 荷捌き施設は、泊魚市場(那覇市港町)の競り機能を糸満市の糸満漁港内に移転・整備するもの。計画によると敷地面積が2万4,586屐施設規模がS造3階建て・延床面積7,700屐取扱量が5,500t。施設内1階には高度衛生管理型の荷捌き場、2階に見学施設、3階に管理室などを配置するほか、屋外に搬入・搬出スペースや従業員・仲買人が利用する駐車場を整備する。屋外整備を含む予定工事費は税抜で22億8,500万円、総事業費は約42億円(うち荷捌施設が約30億円)。基本設計は(一財)漁港漁場漁村総合研究所が担当した。
 事業を所管する農林水産部では、競り機能移転の一環として、護岸と波除堤に設置する防風柵や用水・排水施設、未舗装道路の整備などを計画しており、今年度、防風柵の設計業務を発注、20年度から順次着工する予定。また、県漁業協同組合連合会では、荷捌き場周辺に冷凍・冷蔵施設や流通加工施設などの整備を検討している。
 
■その他のトピックス
●旧施設解体工事を一般公告
 第一牧志公設市場建て替え - 那覇市
●北部テーマパークのアセス書縦覧
 嵐山ゴルフ場に関連施設整備 - ジャパン社
●基本・実施設計を18日に入札
 本部庁舎建て替え計画 - 東部消防組合
●一般競争(事後)・総合評価(拡充版) など 4件を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県警察本部
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市なはまち振興課
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市・南風原町環境施設組合
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 大阪航空局那覇空港事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇港管理組合
関連記事あり