トップページへ戻る
2019年10月17日(木)
★水利施設機能保全で次年度から工事着手
読谷長浜地区・うるま石川地区−県農林水産部
 県農林水産部は、基幹水利施設ストックマネジメント事業で今年度から読谷村長浜地区とうるま市石川地区の水利施設を対象に機能保全対策を実施する。整備から20年以上が経過し、経年的な劣化が課題となっている施設の長寿命化を図るもので、2026年度までの7年間に事業費5億7,000万円を投入して施設整備を実施する。
 対象の長浜地区では、長浜ダム、揚水機場、ファームポンドなどの補修工事を予定。今年度から調査・設計業務を実施しており、次年度から工事をスタートさせる。長浜ダムは総貯水量が160万m3、型式が中心遮水ゾーン型フィルダム(部分置換型)、堤高48.3m、堤長196mの農業用ダム。工事は、堤体の補修工事やファームポンド、揚水機場、取水・放流施設の設備補修などを予定。次年度には、揚水機場の設備補修を発注予定。
 また、石川地区は石川ダム、揚水機場、用水路を中心に設備の機能保全を図る。石川ダムは総貯水量23万m3、型式は傾斜コア型式、堤高14.8m、堤長284.5m、用水路は429.3m。工事は劣化状況に応じて、コンクリート補修などを中心に進める。次年度は、用水路の補修工事を発注予定。両地区の機能保全設計業務は沖縄県土地改良事業団体連合会が担当。
 
■その他のトピックス
●新庁舎外構工事を来月入札へ
 開庁は21年1月4日予定 - 中城村
●平安座総合開発らで本体着工
 読谷中学校跡に新店舗 - イオン琉球
●徳里産業一括でホテル建設
 那覇市前島に整備 - ダブル
●一般競争(事後) 2件を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●一般競争(事前) など 2件を公示
  - 県警察本部
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県南部土木事務所
関連記事あり
●公募型(再公告)を公示
  - 名護市建設土木課
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 海上自衛隊沖縄基地隊
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 大阪航空局
関連記事あり