トップページへ戻る
2020年1月15日(水)
★本体建築工事など今月中にも入札公告
うるま市の赤道都市再生住宅建て替え−県住宅供給公社
 県住宅供給公社は、老朽化しているうるま市の赤道都市再生住宅改築に係る本体建築など各工事を今月中にも一般競争公告予定で準備を進めている。工事は、建築、電気、機械、昇降機、外構の5工種。このうち建築と電気、機械はJV、その他は単体による入札で調整している。
 公社の赤道団地は、築後40年以上が経過し、躯体や設備機器の劣化が進行しており、安全面や住環境の改善などを目的に建て替える。新しい住棟は解体工事が進む4号棟と5号棟の跡地に建設され、RC造6階建て、延床面積3,922峙模。戸数は56戸。間取りは1LDK〜3DKの4タイプ。
 基本・実施設計は(株)かみもり設計が担当。既存の4号棟・5号棟の解体は(有)秋建設が施工。
 施設内には集会所と駐車場などの付帯施設も設置予定で、駐車場は各戸に1台の割り当てを想定しているが、収容台数は検討中としている。