トップページへ戻る
2020年1月21日(火)
★基本設計業務を来月中に公告
県営松川団地建て替え計画−県土木建築部
 県土木建築部は、経年劣化が進む県営松川団地(那覇市)の建て替えに向けた基本設計業務を2月中にも一般競争公告する。参加要件は建築コンサルタントを代表とし、設備設計コンサルタントを含む3社構成JVを想定している。2020年度で基本設計を完了させ、21年度に実施設計と既存住棟の解体に着手する計画。22年度にも本体工事を行う予定。建替工事は段階的に進める計画で、26年度までの整備完了を目指す。
 同団地は、築後40年以上が経過し構造の安全性や住機能の低下などが見られることから、建て替えを行い住機能の向上などを図る。既存の住棟はRC造5階建て・6棟構成、総延床面積7,990屐∩躙与130戸で、建て替えに合わせて建物を集約化するとともに、増戸する。計画では、敷地面積1万5,085屬烹劭誕ぃ軍建て・3棟構成、143戸を整備する。新しい住棟の規模などについては、基本設計の中で確定する。
 同団地の再生計画策定業務は(株)協和設計事務所が担当。
 
■その他のトピックス
●南部病院を豊見城中央に機能移転
 糸満に在宅介護拠点施設検討 - 友愛会
●名護湾沿岸整備でサウンディング
 策定中の基本構想に結果反映 - 名護市
●那覇市曙に分譲マンション
 業者選定後 3月着工へ - 飯田産業
●一般競争を公示
  - (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構
関連記事あり
●一般競争・総合評価 など 5件を公示
  - 総合事務局南部国道事務所
関連記事あり
●一般競争(事前)を公示
  - 県文化観光スポーツ部
関連記事あり
●公募型を公示
  - 名護市振興対策室
関連記事あり