トップページへ戻る
2020年3月24日(火)
★来年度水道広域化事業に49億円計上
伊是名村の浄水場整備など計画−県企業局
 県企業局は、2020年度水道広域化に関する経費として約49億8,000万円を計上し、離島地域の水道施設整備を推進する。予算の内訳は、伊是名村での取水施設や浄水場整備に22億1,300万円、伊平屋村における浄水場整備工事などに17億5,400万円を確保。このほか、渡嘉敷村での浄水場整備工事に7億200万円、粟国村での調整池整備工事、浄水場整備工事などに1億2,200万円、渡名喜村での浄水場電気系統整備工事に2,500万円、座間味村(座間味島)での浄水場実施設計に1,900万円、北大東村での用地分筆業務に150万円を計上している。
 離島の水道広域化については、粟国村で17年度から県企業局による給水を開始しており、19年度内に北大東村での給水を始める予定。その後、20年度までに南大東村、座間味村(阿嘉島)、渡名喜村で広域化に関する整備を完了させる。残りの渡嘉敷村、伊是名村、伊平屋村、座間味村(座間味島)においては、21年度を目標に広域化を完了させる。
 
■その他のトピックス
●美里中校区に2児童館整備を計画
 9月中にも基本設計発注 - 沖縄市
●旧管制塔庁舎9月以降に撤去へ
 実施設計5月12日開札 - 大阪航空局
●一般競争を公示
  - 総合事務局南部国道事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 県教育庁
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 大阪航空局
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄気象台
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 総合事務局北部ダム統合管理事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 那覇市環境保全課
関連記事あり