トップページへ戻る
2020年4月7日(火)
★幸地インター線の橋梁工事が着工へ
8日に下部工工事開札−県土木建築部
 県土木建築部は、幸地インター線整備に係る橋梁(ランプ橋)整備工事に今年度から着手する。沖縄都市モノレールてだこ浦西駅の東側に設置されるインターチェンジに接続する橋梁で、Aランプ橋L=89.5m、Bランプ橋L=68.6m、Dランプ橋L=79.4mの3橋梁で構成。橋梁型式は、上部工がポストテンション方式PC3径間連続場所打ち中空床版橋、下部工は逆T式橋台(A1、A2)、張出し式橋脚+柱式橋脚(P1、P2)となっている。
 同部では、橋梁の下部工工事(A・Dランプ、A1橋台)を8日に開札予定。工事は、Aランプ橋のA1橋台(鋼管杭φ1.5m・L=15.5m・8本)とDランプ橋のA1橋台(鋼管杭φ1.5m・L=11m・11本)を施工するもので、施工業者決定を受けて早ければ4月中にも着工する。
 幸地インター線は、沖縄自動車道と浦添西原線バイパス及び沖縄都市モノレールを連結する延長約900m・幅員15mの2車線道路。同部では、3月31日に閉所した浦添市前田の「都市モノレール建設事務所」を「幸地インター建設現場事務所」として引き続き使用。今年度は、橋梁部分以外の道路改良工事2件の発注も予定。来年度以降は、橋梁下部工や上部工についても順次工事に着手、2024年度の供用開始を目指す。
 
■その他のトピックス
●詳細設計その1はオリエンタルC
 浦添北挟線橋梁 - 南部国道事務所
●一般競争を公示
  - 県警察本部
関連記事あり
●簡易公募型・総合評価 2件を公示
  - 総合事務局石垣港湾事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構沖縄支部
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県環境部
関連記事あり
●一般競争(事前)・価格競争を公示
  - 県南部土木事務所
関連記事あり
●一般競争(事前)・価格競争を公示
  - 県中部土木事務所
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県農業研究センター
関連記事あり