トップページへ戻る
2020年10月16日(金)
★トーニチJVが3億4500万円で落札
モノレール新車両基地詳細設計−モノ社
 沖縄都市モノレール(株)(モノ社、美里義雅社長)では、8日に開札した沖縄都市モノレール新車両基地詳細設計業務委託(総合評価)の落札業者を(株)トーニチコンサルタント・(株)大東エンジニヤリング・(株)国建JVに決定した。落札額は3億4,500万円で応札は同JVのみだった。履行期限は2021年12月20日まで。
 業務は、那覇市安次嶺地内に整備する新車両基地の土木施設(軌道桁、人工地盤、橋脚、連絡線、連絡橋など)、建築施設(工場棟、工作車庫、乗務員詰所、電気室など)の詳細を取りまとめる。工事は21年度以降に順次着手する方針で、各駅のホームドア改修工事なども合わせて行う。予備設計業務は(株)トーニチコンサルタント・(株)大東エンジニヤリングJVが担当。
 新車両基地は、モノレール輸送力増強を図るために導入される3両編成車両の整備拠点として計画。国道506号小禄道路の赤嶺トンネル上部空間の敷地1万3,000屬乏道楡澆鮴鞍。施設は3両編成車両の9編成に対応する留置線、本線に連結する入出庫線・分岐器、整備工場、点検車庫などを配置予定。3両編成車両の製造は(株)日立製作所と49億2,500万円で随意契約し、22年度末までに1〜2編成を納車。23年度頃を目途に新たな3両編成車両の運行を開始する予定。3両化に伴う事業費(概算)は約280億円で、このうち新車両基地の整備費用は約100億円を見込んでいる。
 
■その他のトピックス
●建築は小波津組JVに決定
 大里中プール改築工事 - 南城市
●一般競争(再公告)を公示
  - (独)日本芸術文化振興会
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 福岡出入国在留管理局那覇支局
関連記事あり
●一般競争・総合評価を公示
  - 沖縄森林管理署
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 沖縄気象台
関連記事あり
●一般競争を公示
  - 県文化観光スポーツ部
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県北部土木事務所
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県北部農林水産振興センター農業水産整備課
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県南部林業事務所
関連記事あり
●一般競争 など 2件を公示
  - 沖縄防衛局
関連記事あり
●一般競争(事後) 2件を公示
  - 県教育庁
関連記事あり