トップページへ戻る
2022年8月10日(水)
★南風原第二団地建築工事を今月中にも公告
3工区分割、特A代表JVで調整−県土木建築部
 県土木建築部は、県営南風原第二団地第3期建替の本体建築工事を早ければ8月中にも公告予定で準備を進めている。工事は3工区に分割。入札方式は総合評価簡易型儀燭鮑陵僂垢詬縦蝓参加資格は建築特Aランクを代表者とする2社構成JVで調整している。関連の電気、機械は総合評価の簡易型儀燭波注を予定しており、参加要件はAランクを代表者とするJVとなる見通し。工期は14カ月を見込む。
 第3期建替で建設する住棟は、RC造5階建て延床面積約4,000峙模。戸数は60戸。実施設計は(有)エン設計・AD設計工房・(有)アカリ設計JVが担当。 
 南風原第二団地は、築40年以上が経過し既存住宅棟の躯体や設備が老朽化によって劣化しており、敷地内の12棟320戸を5棟に集約して建て替える計画。建替により、居住環境の向上や入居者の安全確保などを図る。