トップページへ戻る
2024年7月5日(金)
★NJS・ホープ設計JVを受注候補者に選定
下水道ウォーターPPPの検討業務−那覇市上下水道局
 那覇市上下水道局は、「令和6年度ウォーターPPP事前検討業務委託」の公募型プロポーザルで(株)NJS・(株)ホープ設計JVを受注候補者に選定した。次点はオリジナル設計(株)・(株)邦エンジニアリングJV。下水道事業の官民連携手法導入に関する基礎的な調査を行うもので、履行期間は2025年3月31日まで。提案上限額は1,978万9,000円(税込)。
 業務内容は、市流域関連公共下水道の執行体制や運営状況などの整理、管渠の維持管理や改築更新を含めた複数の事業スキームの設定など。将来20年間の事業費を従来手法と官民連携手法で比較検討し、災害時対策や技術継承などの経済性以外のメリット・デメリットを総合的に評価。密集エリアでの下水道整備など市特有の環境条件を考慮し、官民連携の基本方針を検討する。
 業務範囲は、汚水整備面積3,522ha、雨水整備面積1,917ha。対象施設は、汚水管渠約592辧雨水管渠約151辧汚水中継ポンプ場2カ所(赤嶺、具志)、マンホールポンプ施設8カ所、雨水ポンプ場1カ所(古波蔵)、再生水管約9辧
 ウォーターPPPは、水道や下水道、工事用水道の公共施設を対象とした新しい官民連携方式。管理・更新一体マネジメント方式(10年契約)を進めながら、10〜20年契約となるコンセッション(公共施設等運営事業)への段階的移行を図る手法で、国が推進を求めている。
 
■その他のトピックス
●オリコンサルを受託候補者に特定
 石川庁舎周辺利活用検討 - うるま市
●町内4施設の民活導入で対話調査
 バーデハウスなど対象 - 久米島町
●一般競争・総合評価・CCUSを公示
  - 総合事務局開発建設部
関連記事あり
●一般競争・総合評価・ICT希望型・BIM/CIM希望型・CCUS など 2件を公示
  - 総合事務局北部国道事務所
関連記事あり
●一般競争・総合評価 2件を公示
  - 福岡高等裁判所
関連記事あり
●一般競争(事前)・価格競争を公示
  - 県警察本部
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県南部農林土木事務所
関連記事あり
●一般競争(事後) 2件を公示
  - 日本下水道事業団
関連記事あり
●一般競争(事後)・価格競争を公示
  - 県土木建築部
関連記事あり
●一般競争(事後)を公示
  - 那覇市文化財課
関連記事あり