トップページへ戻る
2019年1月30日(水)号 1面
★県道路整備プログラムを策定
今後10年の必要投資額5520億円 効率的な事業進捗を図る


  県では、計画的かつ効果的に道路整備等の事業を実施するため、県内の道路整備に関わる計画・施策を取りまとめた「沖縄県道路整備プログラム」を初めて策定した。プログラムでは、国道、県道、市町村道などの整備・維持管理や土地区画整理事業などの計画、事業進捗を明示。計画の対象期間は平成30年度から10年間で、主な事業箇所については前期5年間の計画を示した。各道路管理者は、限られた財源の中で、道路整備を行わなければならず、プログラムの策定で効率的な事業進捗を図り、整備効果を高め早期の効果発現を目指す。またプログラムでは、今後、沖縄での道路整備に必要な投資額を5520億円と試算している(国直轄事業は含まず)。(続きは紙面をご覧ください)
(写真説明)整備が進む県道20号線(泡瀬工区)
 

週刊沖縄建設新聞  購読ご案内
width=403
width=219
  ・一般記事
  ・分析記事
  ・建設レポート
  ・人物インタビュー
  ・現場訪問
          ・・・など
width=241
年間購読料
¥30,000+消費税
<FAXでのお申し込み>
・「FAX専用申込み用紙」を開いて印刷して下さい。
・必要事項をご記入の上、FAX番号 098−863−8426へお送り下さい。